結婚式を控えて、招待したい方々へ結婚式招待状を出すときには、宛名書きでの注意点があります。

まず、正式な結婚式招待状ですから、縦書きで書きます。ただし封筒の規格が横の場合には、横書きでも構いません。

次に、宛名書きをする際には、楷書で書くようにします。これは丁寧に住所や名前を書くことで、招待客への丁寧さが伝わります。従って、文字があやふやな場合は、あらかじめ調べておく必要があります。

誤字で出してしまっては、特に名前の場合には、招待客に失礼にあたるからです。そして、出来れば毛筆で書くようにしましょう。

結婚式招待状というのは、それほど大切な招待状ですので、気軽にボールペンで書いてしまうのはマナーを欠いていると判断されてしまうこともあります。

毛筆に自信がないという方は、筆耕が出来る方へ依頼をすることもできます。しかし、真心を込めて書くという観点からすれば、自信がない場合であっても丁寧に心が伝わるように一文字ずつを書いていくのがお勧めです。

現在では、毛筆と言っても筆ペンも各種販売されているので、書きやすいものを見つけやすくなっています。

それから、結婚式招待状に欠かせないのがお祝い用の切手です。おめでたさを添える切手が販売されているので、用いるようにしましょう。