数年前、賞状の筆耕を依頼されたことがあります。良く職場で、のし紙に文字を書く時に頼まれたりはしていたのですが、賞状となると初めてのことで戸惑いがありましたが、お手本となるイメージを具体的に持って来てくれたので、参考にして書いてみました。

文字のバランスや誤字がないように注意した上で、筆で仕上げました。

この経験があってから、もっと積極的にこういった筆耕の仕事を受けてみたいと思って、筆耕会社に登録をしました。たまに数枚の賞状筆耕の依頼があります。

慣れて来ると書くスピードも速くなって来ましたし、注意点を抑えて書くのも出来るようになりました。

この筆耕のおかげで、ちょっとしたお小遣い稼ぎにもなっているので、やりがいがあります。

仕事をしているので、ちょうどこれくらいのペースでの依頼が私には合っていると思います。

文字を書くのが好きな方は、筆耕の仕事も検討してみるとやりがいがある上に、人様から喜ばれるので、やってみるといいのではないかと思います。

幼い頃から、習字をならっていたことがこんな形で役に立つとは思ってもいませんでしたが、今思えば、習いに行かせてくれた親に感謝の気持ちがしています。
賞状筆耕の料金